• Top >
  • 使い方

■設置の仕方【ブログ】

ブログの場合HTMLを変更できるサービスでのみパーツを使用できます。ご利用のブログサービス提供会社のマニュアルページ等でご確認ください。※写真、テキストファイル、xmlファイルを使用するツールは「お読み下さい」ファイルにかかれた手順どおり設置してください。

  1. アップロード先を指定する。(アップロード作業)
    1. フラッシュツールをダウンロード後、解凍したフォルダの中に「お読み下さい」というファイルがあります。ブログの場合
      その中でフラッシュファイルをブログのインデックスファイルがある図の@フォルダにアップロードするよう書かれています。
      しかしブログの場合は図のAフォルダ(例:アーカイブフォルダ…ブログ指定の写真等をアップロードするフォルダ)にアップロードするほうが簡単なようです。アップロードしたURL(http://から始まるフルパス)はメモなどとって記憶してください。
    2. アップロードの方法はブログサービスによって違いがあります。ブログサービス会社の説明をよくお読みになり作業を行ってください。
  2. <embed>タグを埋め込む。(HTML作業)
    1. ブログサービス会社指定の方法(ツール)でツールを貼りたいテンプレートのHTMLを編集します。ここに添付の「sample.html」内のHTMLを貼り付ける方法が良いと思いますが、最近のブログツールでは<embed>タグのみ挿入する方法が多いようです。
      下記に<embed>タグの埋め込み方を説明します。※sample.htmlを参考に 色のついた部分を変更してください。
    2. <embed src="sample.swf" quality=high wmode=transparent width="120" height="145" type="application/x-shockwave-flash" flashvars="var_xy=さんぷる&amp;var_yz=sample" />
    3. sample.swf⇒オレンジ色の部分を変更…上記【1.アップロード先を指定する】でアップロードしたフラッシュファイルのURL(http://から始まるフルパス)に変更。
      flashvars="var_xy=さんぷる&amp;var_yz=sample"⇒flashvarsはフラッシュツール内で変数を使う場合に使用します。ピンク色部分が変更部分です。変数が1つしかない場合は&amp;より前で終わります。&amp;は「&」の意味です。2個以上の変数がある場合に変数をつなげるのに使用します。
  3. 応用編
    1. TVポップアイコン、ふわふわフォトシール、デジタル時計(写真フレーム型)、写真のなかの時計、ぷかぷかフォトスライド、はHTML内の変数によって写真のURLを指定できます。
    2. 複数のフラッシュツールをアップロードしておいてHTML内で<embed>タグをコメントアウトすることでパーツを切り替えることができます。
    3. 変数を使う場合、フラッシュプレーヤー6.0以前ののバージョンにも対応させるにはsample.swfに続けて「?変数名1=値1&amp;変数名2=値2…」と入力しなければなりません。

■設置の仕方【ホームページ】

※当サイトのパーツはflashで制作されています。
手順は以下の方法でおこなってください。

  1. アップロード先を指定する。(アップロード作業)
    1. パーツをダウンロード⇒解凍します。中にはflashパーツ(swfファイル、説明のテキストファイル、HTMLファイルが入っています。
    2. 付属のHTMLファイルをテキストエディターなどのソフトで開き、中のHTMLをコピーします。
    3. パーツを配置したいHTMLファイルをテキストエディターなどのソフトで開き、導入部分にペーストします。
    4. 3.で作成したHTMLファイルとダウンロードしたパーツファイル(swfファイル)を同じ階層にアップロードします。
    5. ブラウザでページを確認してください。
  2. カスタマイズの方法
    1. ページにあった背景色に変更したい
      大きさの変更同様ソースの中身<object>〜</object>中の"#"で始まる7桁の英数字"#******"の部分(例:#ffffff)をお好みのカラーコードに変更してください(2箇所あります)。
    2. 背景を透過にする
      ソースの中身<object>〜</object>中で<param name="***" 〜>と並んでいます。最後に<param name="wmode" value="transparent">を追加します。また<embed src="***" 〜>の部分を以下の様にwmode="transparent"を追加します。<embed src="***.swf" quality="high" wmode="transparent" bgcolor="#ffffff" 〜>
  3. PHP連動パーツの設置
    1. HTMLファイルに関しては上記の説明と同様です。アップロード後にパーミッションを変更するファイルがある場合があります。付属の説明ファイルをお読みになりパーミッションを変更してください。
    2. PHPファイルに関してもご利用規約の内容を守ってください。
    3. PHPバージョンはPHP4以上で動作します。(PHP5の場合PHP4互換モード)
    4. PHPファイルの文字コードはEUC-JPです。
< 注意事項 >

●必ずご利用規約をお読みになり、同意の上でパーツをご利用下さい。

●当サイトのパーツをダウンロード及び使用した時点で、利用規約に同意したものといたします。

●設置の仕方については、このページ及びパーツをダウンロードした際に同梱されております「お読みください」をご参照ください。

●設置の仕方について、メール等でのサポートは行っておりません。